• ホーム
  • 猫がフィラリアに感染した時の対処法とは?

猫がフィラリアに感染した時の対処法とは?

猫と皿

犬がかかる病気として認知されているフィラリア症ですが、実は猫の感染事例も多く近年は双方の飼い主にその危険度が認知され始めています。10匹に1匹の割合でフィラリアの幼虫に感染していると言われており、屋外のみならず室内飼育であっても例外ではありません。

寄生虫の一種であるフィラリアによって引き起こされるフィラリア症は、その温床である蚊によって媒介され感染する病気です。蚊の体内で卵から幼虫へと育ったフィラリアが、蚊の吸血時に血液と入れ替わりで動物の体内へと侵入します。犬や猫など動物に潜入して成虫へと成長し、血管を伝って心臓および肺動脈に寄生することにより、最終的に死に至る症状です。

動物の体内に侵入してから成虫へと成長するまで、約6〜7ヶ月とされています。右心室や肺動脈に寄生するということは循環器障害や呼吸障害、肝腎疾患などを引き起こす危険な状態です。寄生数が少ない時点では無症状ですが、数が増えるに従って咳が多くなり喉に詰まったようなしぐさが多くなれば危険信号と言えます。排泄物の状態や息切れ・嘔吐など異常な兆候が見られたら、早めに動物病院に連れていってください。

猫がフィラリアに罹患した際の対処法としては、幼虫の状態の時に駆除することが挙げられます。専用の薬を投薬して、幼虫が未成熟虫になるのを防ぐことで治療が可能です。もし成虫になるまで放置した場合、心臓から成虫を取り出さなければならず猫の身体への負担は非常に大きくなります。

できるだけ猫への負担を和らげるためにも、普段からしっかりと予防することが最適な対処法です。室内飼育であっても蚊は必ず家の中に入ってくるため、どんな個体にも感染する可能性はあります。そのため定期的に動物病院に訪れて検査を受けたり、予防接種を受けることが大切です。

猫のフィラリア症は一般人による判断が難しく、咳が酷くなった際にぜんそくと間違われる可能性があります。診断や治療・対処が遅れることで寄生虫が成長し、治療が困難になっていくということをよく覚えておきましょう。心臓から取り出す手術だけでなく、幼虫を駆除する薬を投与することも猫の身体には負担になります。

咳に加えて嘔吐が見られること、何か気管に詰まったものを取り出すかのように咳を絞り出すしぐさを繰り返すなら、フィラリアも疑った方が良いです。蚊が増え始める初夏から梅雨にかけての時期から警戒して、行きつけの動物病院に連れて行って相談しておくことをおすすめします。