• ホーム
  • 猫が爪とぎをする理由って?

猫が爪とぎをする理由って?

家の中で無邪気に爪とぎしている様子を見て、愛らしいという感情を持つ方も多いでしょう。しかし大切な家具や美しい壁を傷だらけにされるのは、困ってしまいます。だからと言って無理に止めさせると大きなストレスとなるため、爪とぎをする理由を知るとともに家具や壁を守るための対処法も見ていきましょう。

肉食動物が獲物を得たり、天敵から身を守る上で、大切な武器となるのが爪です。爪をとぐことによって、古くなった組織をはがして鋭く維持しています。カーペットや起伏のある地面など爪がひっかかりやすい場所でもスムーズに移動できるよう、伸び過ぎた爪をケアするといった理由もあります。

爪の付近にある肉球には、強い臭いを放つ臭腺が備わっており爪とぎを行うことでマーキングが可能です。臭腺からの臭いをつけて、縄張りを主張しています。さらに壁や家具などに残った爪跡にも意味があり、より高い位置に爪の傷跡をつけた方が強い個体であるという証明になります。可能な限り背伸びして高い場所につけたがるのは、強大な身体を持った強い動物であることをアピールしたいからです。

気分転換やリラックスしている時に、爪とぎをはじめることがあります。自分の知らない人間が来客している際にストレスを感じたり、寝起きや遊び飽きて気分を変えたい時など気持ちを発散するために行うのではと考えられています。対処法としては、来客時のストレスを軽減するために人が居る空間から逃れてリラックスできる場所を用意してあげることです。別の部屋を1室使えるようにしたり、押し入れやキャットハウスなど隠れる場所があれば良いでしょう。

他にも構って欲しい、飼い主の関心を引きたい時にも見られます。わざわざ飼い主の近くで実行しているなら、遊んで欲しかったり、甘えたいというサインであることが多いです。対処法はもちろん、思う存分一緒に遊んで欲求を解消してあげることです。

猫の爪とぎは習性であるため、止めさせてストレスを溜めるよりも場所を指定して定期的に発散させるようにします。生後2ヶ月を過ぎれば爪とぎを始めるため、専用のグッズを用意しましょう。前足をそっと持って、爪とぎグッズの表面をかきむしるようにゆっくり動かしているとやがて自分で出来るようになります。自分で出来るようになったら沢山褒めて、他の場所でとぎそうになったら優しく抱きかかえて指定の場所に連れていってください。

慣れないうちは指定の場所以外でとぐ可能性が高いため、目を離した隙に大切な壁や家具が被害に遭わないようにしておくことも大切です。効果的なのは専用の保護シートで、爪を受け付けないタイプと敢えてとがせるタイプの2種類があります。爪が滑ってとぎにくいため自然に避けるようになり、後者は身代わりになってくれる製品です。猫が苦手とする忌避スプレーを振りかけて、爪とぎを防止する方法もありますが反対にストレスに感じる場合もあるため注意してください。