• ホーム
  • 猫の脱走防止に使えるアイテムを紹介!

猫の脱走防止に使えるアイテムを紹介!

犬と同様に猫も好奇心旺盛な動物であり、ふとした隙に部屋や家から脱走してしまうことがあります。大人になっているのならともかく、子どもの状態であればなおのこと心配です。そうは言っても常に警戒し続けることは不可能であるため、こういったトラブルを防ぐためにも脱走防止アイテムを活用することをおすすめします。脱走の理由や頻度の高いケースを学びながら、脱走防止アイテムを活用して飼い猫の安全を守りましょう。

飼い主が帰宅した際に玄関まで迎えに来る場合、好奇心の強い性格の子であれば隙をついて脱走する可能性が高いです。玄関の手前の扉をあらかじめ閉めておいたり、パーティションを設置するなどの対策が必要となります。賢い個体であれば引き戸すら開けてしまう場合もあるため、突っ張り棒や補助錠を用いて開けられないようにするのがベターです。

脱走防止用のフェンスを設置するのも、効果的な対処法と言えます。ただ犬よりも猫の方がジャンプ力があるため、通常の動物用フェンスでは効果がない可能性がある点にも注意です。普段の動作を観察して、飛び越えられないような高さのものを選ぶようにしましょう。

前足や爪を器用に使って、網戸を開けてしまうケースもあります。加えてトイレや浴室の窓が開いている場合、体格が小さい猫であれば簡単に外に出られるため注意が必要です。こういった場所には、専用のフェンスを設置するのが最も効果があります。窓のサイズをきちんと合わせて、なおかつ高さを調節できる製品を購入すると便利です。

網戸は爪をといだり、引っ掛けてよじ登ったりと何かと標的にされやすいです。しかも破れていることに気付かず交換のタイミングを逃すと、破けた隙間から脱走してしまいます。特に被害を受けやすい夏場は、網戸を補強するネットを使用すると良いでしょう。ただ網戸自体は普通の扉より軽く開けやすいため、補助錠を併用することを忘れないでください。

高層マンションでない限り、ベランダから脱出するケースも非常に多いです。ベランダの柵には隙間が大きいものが多いため、そもそもベランダに行けないようにするしかありません。扉にフェンスを設置したり、洗濯物を干したり取り入れる際にケージに入れておくといった対策が有効です。

いたずらの標的になりやすい障子も、脱走手段のポイントになります。障子を破ったところから、簡単に抜け出せてしまうからです。テープで容易に補強ができる、補強アイテムを使用しておくと良いでしょう。